ジャズ教則本「Patterns for Jazz」をやる【移動ド・12音ソルフェージュ】

スポンサーリンク
Youtubeチャンネル登録お願いします!

patterns for jazz「趣味」のこと
(C)ネコと衣食住
スポンサーリンク

今日は教則本ネタです。

ジャズの場合、楽器の基礎練習を目的とした教則本などの他に、理論書なども使って勉強する場合もあります。

そんな色々ある教本の中から今日は「Patterns for Jazz」(パターンフォージャズ)を紹介します。

コントラバスとかジャズの教則本

自分はそれ程教本は使っていませんが、自分が使っているものを挙げてみるとこんな感じです。
クラシックの教則本はもっとたくさんありますが、ガチでクラシック系をやっているわけではないのでそんなに持っていません。一般的なものばかりです。

コントラバスの演奏技術「基礎」

(C)ネコと衣食住

シマンドル1巻は何度かやりました。30数年前に買ったもので、結構ボロボロです。大事なのは1章の部分ですね。ジャズしかやっていない人は、「クラシックの教本=弓の練習」と勘違いしますが、基本的に「左手の練習」のためにクラシックの教本をやります。20歳前にジャズのプロの方に習っていた時にシマンドルを使っていました。定番中の定番ですね。

このシマンドル1巻をもっと丁寧に学習するための教本が檜山ノートです。でも自分は使っていませんから新品みたいです。
というのは習っていたクラシックの先生がこの教本は使わなかったからです。何の教本を使うかは、先生に依るところが非常に大きいですね。

で、そのクラシックのプロの先生が使っていたのは松野茂著のコントラバス教則本でした。自分がジャズをやっていて、基礎をしっかりさせたい為に習いに来たから、時間がかかるシマンドルや檜山ノートを避けて、軽めのこの「コントラバス教則本」を使ったのかもしれません。
過去にシマンドルやったんだったら、これをやろうみたいな感じでした。やってみると結構やりやすいというか、取っ付き易い教則本で「ざっと見直す」のにピッタリでした。

クラシック系で、ストイック且つ丁寧にやりたいなら多分「檜山ノート」あたりが良いのでしょうし、ざっと基礎を見直す程度なら「コントラバス教則本」が良いかも知れません。

コントラバスの演奏技術「応用」

simandl

(C)ネコと衣食住

シマンドルの2巻はいわゆるハイポジションの教本です。途中で頓挫しました。結構難しいというか、単なる指の練習よりももっと音楽的なので奥が深くてなかなか先に進みません。

シマンドルの30エチュードもやはり単なる指の練習よりももっと音楽的なので奥が深いです。
でもどちらも良い教本だと思います。そのうち気長に取り組もうかと思っています。

ペトラッキの教本は、逆に音楽的な面白さが全然なくて、単なる指の練習に徹底しています。3種類のフィンガリングシステムでハイポジションを弾くことがこの教本の狙いです。
現在も久しぶりに繰り返していますが、何度も反復練習するのが一番ですね。

ペトラッキのSimplified higher technique for double bass
今回は、家で使っているコントラバスの教則本の話です。 フランコ・ペトラッキの「Simplifi...

音感練習(12音ソルフェージュ、移動ド)

ジャズに限ったことではないですが、特にジャズで大切なのは「移動ド」だと思います
この移動ドを鍛えるためにはソルフェージュが欠かせないものだと思います。
もしこれからソルフェージュを始めるなら「12音ソルフェージュ」も検討してみると良いかも知れません。
現在、この教則本の3章のインターバルの練習は12のキーでスラスラとピアノとコントラバスで歌いながら弾けるまでしっかり繰り返してやっている最中です。

移動ドの練習に「ジャズソルフェージュ」を始めてみた
長年続く趣味のコントラバス演奏。 今回は、楽器演奏技術ではなく「移動ド」の練習の話です。 移...

ジャズ教則本

アメリカで出ているジャズ教則本は色々ありますが、とりあえずパターンフォージャズしか持っていません。これも移動ドの教則本ですね。やっぱりジャズは移動ドが重要だと思います。

あとは売られているものではないですが、やっぱり耳コピーに尽きますね、、
自分が格好良いと思うソロを採譜して弾けるように練習するというのは、最高の教材だと思います。「格好良いことはマネをする」シンプル・イズ・ベストです。
耳コピーというのはやってみると誰でも出来ます。今はゆっくり再生させることも出来るので、根気が少し必要なだけで誰でも出来ます。
採譜してハイポジションのフレーズは、前出のペトラッキの教本のフィンガリングシステムで弾くようにしています。

音楽理論やコードアナライズ

  • ネット検索

理論書などは昔から出ていますが、今の時代はネットで検索すれば個人のブログなどで詳しい方が解説している記事をよく見かけます。
例えばスタンダードのベアトリスのコードをアナライズしたければ、「beatrice コード」とか「beatrice アナライズ」で調べれば適当なものが出てきます。
自分はネット検索でとりあえず間に合っています。

Patterns for Jazz

Patterns for Jazzはアマゾンではト音記号版ヘ音記号版が売られてています。

自分はコントラバスなので、ヘ音記号で良いのですがなるべくト音記号を読みたいので、コントラバスの教則本以外ではヘ音記号は買わないようにしています。

ジャズの演奏現場というのは、結構不親切な環境なので自分自身がある程度鍛えておく必要があると思います。

特にクラシック系の人がジャズをやり始めると出来ていないのが以下の事です。

譜面はC譜(つぇーふ)しか貰えないのは当たり前

自分はアルトサックスだから、、、とか通用しません。C譜で吹けるようになる必要があります。

同じくヘ音記号で必ずしも書かれていない

コントラバスだったら、ヘ音記号のパートしか読まないとは限りません。ト音記号は最低でも読めるようにしておいた方が賢明です。

ジャズはちゃんとお膳立てはしてもらえないことが普通なので、自分側を鍛えておく必要があります。

結局は移動ドの練習のための教則本

話が脱線してしまいましたが、パターンフォージャズは1~2小節程度の短いフレーズが書かれていて、これを全てのキーで演奏する教本です。

(C)ネコと衣食住

シンプルにただそれだけをひたすらやります。

どのような順番で転調するかは、コード進行として書かれているのでそれに従います。
半音で上がったり、4度進行するのが多いです。

ポイントは、この12キーで演奏するフレーズは最初の1つか2つくらいのキーしか書かれていない事です。
つまり、「こんな風に全部のキーでやってね」という事です。

譜面が読める人は、譜面になっていれば弾けるでしょうが、この教本は譜面になっていないので自分の頭で移調しなければいけません。
この不親切な感じがジャズっぽくて好きです。

間違っても手書きで移調して書いてはいけません!
それをやったら、この教則本やる意味が全く無くなってしまいます、、

つまり移動ドを、自分の楽器&自分の頭で転調する練習の教本です。

この譜面の音を西塚式音階で読むと、「ド~ミソチレ~チソミ~」となりますね。

ちなみに練習は326あります。

気長に取り組むには最適ですね、、、

楽器は何でもOKです。

何かと合わせて練習したい!

以前の記事でペトラッキの教本では、自分で無料のソフト「Musescore」に打ち込んで、mp3出力して合わせて練習していると書きました。

ペトラッキのSimplified higher technique for double bass
今回は、家で使っているコントラバスの教則本の話です。 フランコ・ペトラッキの「Simplifi...

これは、音程のチェックが出来てとても重宝しています。

今回同様にMusescoreに打ち込んでみましたが、

  • ペトラッキのハイポジ練習ほどはピッチを気にしない点
  • 個々の音程よりもコード感が重要な点
  • リズムもジャズっぽい方が練習になる点

これらのことから、Musescoreで音符をなぞって弾くよりも、コードの伴奏があったほうが練習になると感じました。

そしてもう一つ。Musescoreだとテンポを変えるのが手間。

mp3に書き出してしまうと、テンポは変えられないですから、Musescoreのファイルを開いて合わせて練習することになります。

というわけで、今回はiPhoneに入れてあるジャズの定番神アプリ「iReal pro」を使います。

  1. 新曲としてコード入力する
  2. 曲名はパターンフォージャズの頭文字でPFJ、これにハイフンと練習番号にする
  3. 「Patterns for Jazz」のプレイリストを作ってそこに入れておく

やることはこんな感じです。

ireal pro

(C)ネコと衣食住

練習は326番まであります。自分は順番に作って保存しています。

とは言っても、同じコード進行&小節数の内容もあるので同じものを開いて「編集」から「複製」して曲名の「PFJ-000」の番号だけ変更して保存するだけです。

テンポが簡単に変えられるし、コードが鳴っていたほうが練習になります。

だんだんテンポアップする機能もあるので、良い練習になります。

この「Patterns for Jazz」も焦らずコツコツ続けてみようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント