ハッカ油で虫除け・ダニ退治 手作りハッカ油スプレー(ハッカ水スプレー)

スポンサーリンク
Youtubeチャンネル登録お願いします!

ハッカ水スプレー写真「住」のこと
スポンサーリンク

執筆時4月ですが、これから暖かくなると虫の季節になります。

今回は十数年前から愛用している「ハッカ油」を使った虫除けスプレーについて紹介します。

ハッカ油のメリット

虫除けとなると、人体にも有害な成分が入っている商品が多いですが、メインで使うハッカ油は食品添加物で、天然成分100%のものなので人体にも無害なので安心です。

以前飲食店をやっていた時は、ゴキ●リとか絶対に出すわけにはいかないので、このハッカ油のスプレーを愛用していましたし、もともと使い始めたのは10年以上前からになります。

人体に安全でも、その分効き目が穏やかでは意味がないですよね。
虫除けなどの目的で使う以上、強力な効果がないと安心できません。

でも、自分が今まで使ってきた印象ではこのハッカ油のスプレーは超強力だと実感しています。

お店では一度もゴキ●リなどの虫は出てきたことがありませんでした。
業態や扱う食品などにも依るでしょうし、一概にハッカ油スプレーの効果だとは言えませんが、これは飲食店ではなかなか凄いことだと思います。

何か数値的な根拠などはありませんが、虫にとってハッカはとても苦手なので十分満足のいく効果があると思います。

さらにメントールの爽やかな香りで使った後も気分が良いです。この点は有害成分が入った殺虫剤とは対照的ですね。

ハッカ水スプレー作り方

体に噴霧して虫除けスプレーにしたり、いろいろ用途がありますが、自分が紹介するのは部屋(畳)に噴霧して主にダニ退治(防止)目的に使っているものです。

単純に言えば、ハッカ油と水を混ぜてスプレーすれば良いだけのものですが、水と油なので分離してしまうので「無水エタノール」を使います。

別にエタノール(アルコール)が無くても作れますが、分離するのでよく振ってからスプレーしましょう。
  • ハッカ油 500円程度(薬局で入手)
  • 無水エタノール(アルコール)1000円程度(薬局で入手)
  • 水道水(できれば精製水)
  • スプレー容器

※エタノールが少し高価ですが1回でそれほど使わないです。

部屋の虫除け・ダニ防止用スプレー(濃いめ)

無水エタノール写真

無水エタノールを50cc測って、きれいに洗って乾かしたペットボトルに入れる

ハッカ油写真
ハッカ油は小瓶に入っていてキャップを外して逆さまにすると、「ツ、ツ、ツ、、」と滴下します。

無水エタノールが入ったペットボトルに200滴入れます。
だいたい200滴くらいで大丈夫です。

自分は50滴を4セットやって入れています。(3桁になると数えにくいので、、)

最後に水道水か精製水を450cc入れて、100均で買ったペットボトル用のスプレーノズルを付けて軽く振り混ぜたら完成!

ハッカ水スプレー写真

完成時500ccと多めに作っています。つまりガンガン使いまくっています。

無水エタノールを入れる時は火気に十分注意してください。
容器は自分はペットボトルを使っていますが、アルコールやアロマオイルに耐性があるものを使いましょう。
水道水で作ったものは早めに使い切ってください。
この配合はかなり濃い目です。畳に噴霧してダニ防止に使っています。

畳のダニ退治の使い方

自分の場合以下のように使っています。
  1. たっぷり500ccあるので、畳全体にしっかりと噴霧します。
  2. 部屋中メントールの香りがします。
  3. 2~3時間経ったら掃除機をかけてダニの死骸を吸います。
これだけですが、効果が十分でなければまた後日同様に繰り返します。
自分の経験では夏場に3回くらいやれば十分快適に過ごしています。
何年も前から日常的にやっている事を紹介していますが、万が一起こりうる全てのことは自己責任でお願いします。
ハッカ油は猫に良くないそうです。
自分も猫を飼っていますが、ハッカ油で畳のダニ退治をしている部屋は猫立入禁止の部屋です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント