靴の悪臭対策!グランズレメディと自作・手作りミョウバン防臭パウダー

スポンサーリンク
Youtubeチャンネル登録お願いします!

グランズレメディ写真「住」のこと
スポンサーリンク

自分は長年、手掌多汗症で悩んでいます。

そして手汗だけではなく足汗も大量にかいてしまう体質です。なので困るのが、靴が匂い易くなることです。

手汗も辛いが、足汗も辛い、、

手汗は自分が過剰に気にしなくなれば、それはそれでどうにかなってしまうものですが、足汗の場合は靴の匂いの原因となるのでなかなか厄介です。

自分の場合ですが、どうやら今まで生きてきて分かっているのは、靴下を履かないと際限なく汗をかいてしまう事です。

昔、大学生のころ買ったばかりのスニーカーを気持ちが良いから素足で履いていたら1ヵ月も経たないうちにとんでもなく強烈な悪臭がするようになりました。自分でも、履いていて汗が止まらなくてスニーカーの中がびしょびしょに湿っているのが分かりました。
同じく大学生の時、合宿先で履こうと畳地になっている和風なサンダルを買って裸足で履いていたら、ものすごく汗をかいて畳地の部分が雨の日に履いたようにベタベタに濡れて、砂ぼこりが汗に溶けて脱いだら足の形に真っ黒に型取りされたような跡がはっきりと付いてしまいました。
近年ではビルケンシュトックのサンダルが流行っていた頃は、やはり裸足で履くとソールが濡れてすぐに真っ黒になってしまいます。翌日履くと、前日の汗で湿ったソールがまだ乾いていなくてなんとも気持ち悪い感じです。
家の中では裸足で歩いたり、スリッパを裸足で履くのは厳禁です。裸足で歩くと風呂上りに歩き回ったように濡れた足跡がフローリングに残りますし、スリッパのソールはびっしょりと濡れてしまいます。

だから、サンダルやスリッパは今でも必ず靴下を履かないと履けません靴下履かなかったら、もうエンドレスで汗が出てきてしまいますから、、

でもスニーカーや革靴などは、靴下履いても普通の人よりも汗が出ているのでやはり匂い易くなってしまいます。

グランズレメディを知る

そんな感じでしたから、スニーカーはあまり自分では履かない様にしていました。革靴は履くときは仕方なく履いていました。

10年以上は間違いなく前だと思いますが、ネットで見つけたのがグランズレメディです。

グランズレメディ写真
確か、「天然成分100%」とか「アメリカの軍隊で採用されている」とか「効果がなければ返金?、、」とかのふれこみで、靴を履く前にグランズレメディを少し入れてから履くようにして、1週間くらい繰り返すと靴が匂わなくなり効果が長いと半年くらい続くというような説明だったと思います。

正直かなり胡散臭いのと少量の割に高かった(2000円台だったと思います)ので、かなり迷いました。

昔は本当かウソか分からないけど「NASAで開発された!」みたいなコピーで怪しい通販で変なおまじないグッズ的な商品が良く売られていましたが、グランズレメディはとりあえず「アメリカの軍隊で採用」というのと外国製(ニュージーランド)だったので単に怪しいだけのものではなさそうだったので購入してみました。

グランズレメディの効果は絶大

早速届いて開けてみると、白い小さいスプーンが入っていて、半透明の内蓋を開けると「えっ、たったのこれだけ?」と驚くくらい少ない粉末が入っていました。

すごく割高な商品だなと思いながら、当時一番匂っていた靴に入れて履いて出かけました。

帰ってから靴を嗅いでみると悪臭がほとんどしません

思いのほか強力な効果に驚き、また翌日以降もグランスズレメディを入れてから出かけました。

もう3日目で全く無臭の靴になりました。

いやはや凄まじい効果です。参りました、、疑ってスミマセン。

一応1週間ほどはグランズレメディを入れてから履くようにして、その後はグランズレメディは入れないで普通に履いています。

自分の場合、さすがに半年間匂わないとはいきませんでしたが、2か月くらいは大丈夫な感じですね。

割高感は感じつつも、唯一無二な効果に惚れてその後は欠かせないものになりました。

なにより有効な対策方法があるというのが心強いですね。

いつ頃か覚えていませんが、価格は変わらないで量が突然倍くらいになりました。

このくらい入っていればコスパも良く満足です。

手作りミョウバン防臭パウダー

十数年にわたりグランズレメディを愛用してきましてが、数ヶ月前になくなりそうなタイミングで、似たような効果があるミョウバンを使った防臭パウダーの自作に挑戦してみました。

ネット上ではグランズレメディと同等なものを自作する方法が公開されています。使う材料などはどれも同じものを使っているようで、まとめると以下になります。

材料

  • 焼きミョウバン
  • タルク

以上、2点のみ。

焼きミョウバンと言ってもいろいろな商品がありますが、アマゾンなどで容易に手に入るとあるメーカーのものが良く使われています。

自分もこの2点は新規購入しなければならないので、同じものをアマゾンで購入しました。

焼きミョウバン(硫酸アルミニウムカリウム)

ケンエーの乾燥粉末の500gを購入しました。

焼ミョウバン写真
100gもありますが、焼ミョウバンはたくさん使うので500gで良いと思います。500円台くらいで買いました。

タルク(食品添加物)

小堺製薬のタルク(食添)500gを買いました。こちらも500円台でした。

タルク写真

作り方

焼ミョウバン6:タルク1

混ぜるだけ、以上。

なので自分は100均でちょっとした容器などを買ってきました。

小物写真

左から、混ぜる容器(蓋して良く振って混ぜる)、大さじ、出来上がりを保管する容器(本来は液体を入れる容器)、ろうと。

自分は大さじで焼ミョウバン6杯とタルク1杯入れて、蓋して良く振りました。

グランズレメディの容器は使いにくいので、自分は本来液体を入れる容器にろうとで入れました。

これなら使う時はキャップ開けて、靴にトントンして振りかけるだけなので簡単です。

グランズレメディとの違いはあるのか?

結論から言いますと、違いはあります。

でも効果の違いはわかりません。つまり「自家製ミョウバンパウダー」でも何ら問題なく効きます

匂いを消したり殺菌作用があるのは焼ミョウバンです。でも焼ミョウバンの粉末はとても細かい粉末なのですが、独特なペタっとした感じの粉末で身近なものでは片栗粉みたいな感じです。

タルクはこれをパラパラな粉にするために入れてあるのだと思います。

自分は焼ミョウバン6:タルク1でしたが、グランズレメディのようなふわっとした粉っぽさではありませんでした。どうしてもペタッと「片栗粉感」が強いです。

なので、靴の中でふわっと粉が広がる感じにはなりませんでしたが、効き目的には何ら問題はなく強力に匂いを消してくれています。

靴に容器をトントンして適量入れます。

ミョウバンパウダー叩く前

靴の側面などを手のひらに当てるように叩いてやることで、靴全体にある程度は粉がまわります。

パウダー入れた後

この粉がまわる点がグランズレメディの方が均一できれいにまわる感じです。

でも効き目は自作ミョウバンパウダーでも非常に満足です。
執筆時現在ですでに8ヶ月近く使い続けていますが何ら不満はありません。

自作する事でとても安価に済ませる事が出来ますし、面倒な方はグランズレメディを購入しても良いですね。とにかく我が家には常備しておきたいもののひとつです。

足汗が酷くない人でも、例えば女性ならブーツの中の消臭などした方が良いでしょう。洗えない靴には使ってみる価値があります。

使い切ったので再作製

9ヶ月以上かけて自家製グランズレメディ風は使い切りました。

たくさん作ったので、仕事用の革靴には勤務前に毎回少量入れていました。
もちろん毎回入れる必要はありませんが、タダ同然に近いくらいのコストでたくさん作ったので、なんとなく毎回入れていました。
妻も少し使っていましたが、普通のペースで使っていれば1年は持つと思います。

もちろん靴が臭くなるようなことは一度もありませんでしたので大満足です。

そして使い切ったのでまた作って補充しました。
作るのにかかった時間は5分くらい。そしてコストはほとんどタダみたいなもの。

自家製グランズレメディ風

(C)2019 ネコと衣食住

本当に素晴らしすぎます!多分一生作り続けることでしょう。笑

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント