【イルガチェフェ】アルミ鍋コーヒー豆自家焙煎とStarbucks Reserve Roastery Tokyoに行ってきた【高級スタバ】

スポンサーリンク
Youtubeチャンネル登録お願いします!

イルガチェフェ「食」のこと
(C)2019 ネコと衣食住
スポンサーリンク

前回、前々回に引き続いて、安いアルミ鍋でコーヒー豆を焙煎する話の4回目です。

1回目

好きな産地のコーヒーを毎日飲みたい!コーヒー自家焙煎は難しくない
趣味で15年前からやっているコーヒー自家焙煎。凝りすぎないで、長く続けるコツを考えます。自家焙煎することで、良い生豆を安く買って気軽に飲みましょう。

2回目

1,800円のアルミ片手鍋で手軽に自家焙煎!グアテマラSHBを焙煎
凝りすぎない、お手軽な自家焙煎で気軽に美味しいコーヒーを飲みたい!後片付けまで考慮して負担にならない趣味の自家焙煎。

3回目

簡単で美味い!コロンビア スプレモを安いアルミ片手鍋で自家焙煎
気軽に簡単に長く続けられる自家焙煎。今回はコロンビア スプレモを焙煎しました。

アルミ鍋でコーヒー豆の焙煎

ゆるひろ
ゆるひろ

さて、今日も焙煎しようかな。

2獣(モモ、ゆら)
2獣(モモ、ゆら)

また、焙煎ですか。よく飽きないで続きますね。

ゆるひろ
ゆるひろ

以前はもっと凝っていたこともあったけど、今はあまりこだわらないで気楽にやっているからね。

モモ
モモ

それで美味しく焙煎できるの?

ゆるひろ
ゆるひろ

まあまあかな。
でも、安く生豆買って毎日のコーヒーが美味しく飲めるからね。

ゆら
ゆら

日常的に消費するコーヒー豆をなるべく安く、それなりに美味しく飲みたいってことだね。

ゆるひろ
ゆるひろ

そうそう、だから凝りすぎないで程々の手間に抑えて、何よりも長続きさせることがモットーだね。

ゆるひろ
ゆるひろ

凝り性のくせに、凝りすぎない。

2獣(モモ、ゆら)
2獣(モモ、ゆら)

なんだか良くわかりませーん。

1800円のアルミ鍋

1800円くらいでホームセンターで買ったアルミ鍋も、そろそろ5キロ焙煎したことになります。

コーヒー豆の焙煎専用なので特に洗ったりもしていません。

随分と風格が出てきました。w

コーヒー焙煎

(C)2019 ネコと衣食住

アルミ鍋は軽くて使いやすいです。

エチオピア イルガチェフェG2

いつものアマゾンの松屋珈琲から買った「イルガチェフェのG2」です。

イルガチェフェ

(C)2019 ネコと衣食住

イルガチェフェ

(C)2019 ネコと衣食住

エチオピアのコーヒー豆はG(グレード)1~8まであって、輸入されるのは5までです。

チャフ対策として10分くらい水に浸してから、米とぎ容器で良く洗います。

洗った直後

イルガチェフェ

(C)2019 ネコと衣食住

イルガチェフェ

(C)2019 ネコと衣食住

イルガチェフェ

(C)2019 ネコと衣食住

もちろんイルガチェフェなので中浅煎りです。

焙煎後、翌日以降から香りが段々と出てきますが、一週間以上経ってからがとても強く香りが出てきます。

ワインのようなとか、花のようなフローラルな香りとか言われますが、まさにその通りの個性的な香りです。

個人的にはイルガチェフェが一番好きな豆です。

エチオピア シダモG2

こちらもイルガチェフェと同じエチオピアの豆です。

同じくアマゾンの松屋珈琲から買いました。

シダモ地区にイルガチェフェは含まれるのでほぼ同じような場所で採れた豆になります。

シダモ

(C)2019 ネコと衣食住

シダモ

(C)2019 ネコと衣食住

シダモ

(C)2019 ネコと衣食住

シダモ

(C)2019 ネコと衣食住

イルガチェフェと同じく中浅煎りです。

香りはイルガチェフェほどの個性はない感じですが、ある意味こちらの方がバランスが良い感じがします。

いわゆるエチオピアのモカがこのシダモですね。

パプアニューギニア エリンバリ GOLD

こちらもアマゾンの松屋珈琲から購入。

エリンバリ

(C)2019 ネコと衣食住

初めて買った銘柄です。

エリンバリ

(C)2019 ネコと衣食住

エリンバリ

(C)2019 ネコと衣食住

エリンバリ

(C)2019 ネコと衣食住

エリンバリ

(C)2019 ネコと衣食住

前回の焙煎ではイルガチェフェと同じくらい浅めに焙煎してみましたが、あまり香りもなく特徴のない感じだったので、もう少し深くして中煎りにしてみました。

明らかにこちらの方がこの豆にはあっている感じでした。

酸味も苦味も甘みもバランス良くあって、普段は浅めのコーヒーばかり飲んでいるので、気分転換用に最適な感じでした。

Starbucks Reserve Roastery Tokyoに行ってきた

2019年8月末に、たまたま近くに行く機会があったので「Starbucks Reserve Roastery Tokyo」いわゆる高級スタバに行ってきました。

高級スタバ

(C)2019 ネコと衣食住

自分はタクシーのドライバーをしていて、特にこの界隈は良く営業するのでオープン後の尋常ではない混雑っぷりも見てきました。

山手通りから少し入った所にあって、中目黒のドン・キホーテのすぐ近くです。

確か2019年の2月末くらいにオープンしたと思いますが、数百人待ちとか普通だったので興味はあっても、行くことはないかなと思っていました。

でも流石に半年経って並んでいる雰囲気もなかったので行ってみたら、呆気なく入れました。

それなりに混んでいますが、席に座ることも出来る程度です。

コーヒー以外にもハーブティーなどの紅茶、コーヒードリンクやアルコールもありました。

もともとスタバのコーヒーはあまり好きではないのですが、酸味があってあまり深煎りでなさそうなものを選んで「エクアドル ロハ」という銘柄にしました。

高級スタバ

(C)2019 ネコと衣食住

淹れ方が4種類くらいあって注文時に指定するのですが、「ケメックス」か「モッドバープアオーバー」のどちらだったか覚えていませんが、ペーパードリップに近いので淹れてもらいました。

高級スタバ

(C)2019 ネコと衣食住

スタバのコーヒーはいつも飲みきれないのでカップに入れてもらいました。

最近流行っている浅めなのかなと思いましたが、やはりスタバらしくしっかりした焙煎ですが、甘さや酸味も程々にあってバランスが良いコーヒーでした。

ただ、値段が、、、1000円を少し越えていました。

1杯1000円のコーヒーとして考えると「ちょっとないかな」と思います。

そこまで飛び抜けて美味しい訳ではありませんし、これだけのコーヒーブームで味や品質が底上げされているので、驚くほどの何かは感じられませんでした。

スペシャルティコーヒーなので、通常のスタバのコーヒーと同額は無理でも500円台くらいが適正かなと思います。

もっと言わせてもらうと、どのスタバでもこれくらいのクオリティのコーヒーが飲めるようになってほしいですね。

まあ、でもスタバでシングルオリジンのブラックコーヒーを味わいに来る人はあまり居ないのでしょうね。

スタバのメインはクリームとかたっぷり入った「コーヒー風味のお菓子みたいなドリンク」が主流ですからね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント