無性にビリヤニが食べたくなったから、作ってみた

スポンサーリンク
Youtubeチャンネル登録お願いします!

チキンビリヤニ「食」のこと
(C)2019 ネコと衣食住
スポンサーリンク

飲食店をやる前はよくスパイスでカレーとか作っていましたが、店を閉めてからは作っていませんでした。

カレーじゃなくて、ビリヤニが無性に食べたい、、
本当にビリヤニの事ばかり考えているようになり、さすがにヤバイので作ってみることにしました。

レシピをネットで調べる

今回はネット上で公開されているレシピ通りに作ってみます。

調べてみるとたくさんレシピが公開されています。

「簡単」とか「ビリヤニ風」とかは今回は却下です。
可能な限り本格的なビリヤニが作りたいのです。

そこで見つけたのが、ビリヤニ太郎さんのブログで公開されているレシピ。

本格的なチキンビリヤニの作り方とレシピ
日本ビリヤニ協会会長のビリヤニ太郎が研究に研究を重ねたレシピを紹介します! 材料 ★A チキン(もも肉、1口大に切る):600g コリアンダーパウダー:小さじ2 クミンパウダー:小さじ2 ターメリック:小さじ1/2 カイエンペッパー:小...

見るからに本格派なチキンビリヤニのレシピです。
今回こちらのレシピ通りに作ってみようと思います。

ビリヤニとは?

そもそもビリヤニとは何でしょうか?

一見スパイスを使ったチャーハンみたいですが、炒めたものではなく炊き込みご飯です。

あと米が違いますね。細長いヤツを使います。今回はバスマティライスを入手しました。もっちりした日本の米とは違って米粒サイズのショートパスタみたいな食感で、香り米と呼ばれるだけあって独特の高貴な香りがします。

スパイスなどをゲットする

以前良くスパイスを料理で使っていた頃は、アメ横の大津屋で買っていましたが、古くなったものもあったので一度全て破棄しました。

なので今回はクミンとか基本的なスパイスも何も持っていないので、全て新調します。

今回はアメ横の大津屋ではなく、目黒にあるかなり怪しいビルにあるマヤバザールというスパイス屋さんで購入しました。

なんと目黒駅から近い高立地なのですが、このビルがいい味出しすぎています。笑

マヤバザールというお店で2階にあります。
建物の外階段でも行けますが、中から2階に行くほうが「味」があって好きです。笑

価格はとても良心的でオススメですよ。
通販でも買えます。

インド食材、スパイス通販と販売専門店 - マヤバザール
インド食材・スパイス専門店です。インド食材、スパイス、豆、お米、カレー、紅茶、業務用香辛料など15年以上ホテル・レストランをはじめ、多くのお客様にご提供してます。東京の目黒駅徒歩2分にある店で販売と通販もしています。
チキンビリヤニ

(C)2019 ネコと衣食住

特に変わったスパイスはなくて、クミン、ターメリック、コリアンダー、カイエンペッパー、シナモンホール、クローブ、グリーンカルダモンなど。

チキンビリヤニ

(C)2019 ネコと衣食住

バスマティライスは香りが強めのタイプを購入しました。

調理開始

レシピはビリヤニ太郎さんのブログの通りです。

鶏肉は手羽元を使いました。スパイスやヨーグルトなどでしばらく漬けます。

チキンビリヤニ

(C)2019 ネコと衣食住

にんにく・生姜も今回はちゃんと下ろして使いました。

チキンビリヤニ

(C)2019 ネコと衣食住

玉ねぎを揚げます。結構引き上げるタイミングが難しいです。

チキンビリヤニ

(C)2019 ネコと衣食住

玉ねぎを炒めたあとはスパイスを油に入れます。

チキンビリヤニ

(C)2019 ネコと衣食住

チキンビリヤニ

(C)2019 ネコと衣食住

スパイスをテンパリングして漬けていた鶏肉を炒めます。

チキンビリヤニ

(C)2019 ネコと衣食住

このあたりの工程はカレーと同じ感じですね。

チキンビリヤニ

(C)2019 ネコと衣食住

いよいよバスマティライスをスパイスと一緒に茹でます。

チキンビリヤニ

(C)2019 ネコと衣食住

この工程ははじめての経験です。香りが独特です。

チキンビリヤニ

(C)2019 ネコと衣食住

カレーに茹でたバスマティライスを入れてしばらく蒸らして完成!

そして試食

チキンビリヤニ

(C)2019 ネコと衣食住

ミントの葉をトッピングして完成しました。

このように米の白い箇所とムラがある状態が良いらしいです。

味は、、、、

美味い!いや美味すぎる!!

以前ビリヤニの評判がいい店で食べたのよりも美味しい気がします。

バスマティライスの食感がなんともいい感じで、辛さもスパイシーさもいい感じにできました。

1点だけ、米を茹でる時の塩はレシピの2/3くらいにしましたが、自分にはちょうど良かったです。

久しぶりにガッツリスパイスが効いたものを食べたので、「スパイス酔い」してしまいましたが、作ってみると意外と簡単にできました。

時間がある時は、こういう少し凝った料理も楽しいものですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント