中古でアビテックス防音ブースを買う【ヤマハ防音室】

スポンサーリンク
Youtubeチャンネル登録お願いします!

ヤマハアビテックスでコントラバス「趣味」のこと
(C)ネコと衣食住
スポンサーリンク

自分は長年やっている趣味で、コントラバス(ウッドベース)の演奏があります。

かれこれ30年以上続いています。

楽器演奏を趣味にしている場合に、どうしても気になるのが音(騒音)の問題です。

特に生楽器は、音量がかなりあるので対策が必要になってきます。

楽器別音量対策

贅沢を言わないで、ある程度妥協する前提で考えてみました。

ピアノ

安くあげるなら、不満はあるかと思いますがやはり電子ピアノで練習が良いと思います。

防音室に生ピアノを入れるとなると、1.5畳の防音ブースの重さだけでも4~500キロ以上はあります。

アップライトピアノを入れる場合でも1.5畳では小さいかも知れませんから、もう少し大きいサイズの防音室が良いでしょうし、ピアノの重さや人間の体重など入れると、防音室のサイズやピアノの種類(アップライトかグランドか)に依っては1000キロ(1トン)近くなるかも知れません。

住居側にも何かしらの補強工事などの必要性も考えると、とても大掛かりでお金が掛かることになります。

幸いピアノという楽器はとても一般的な楽器ですし、電子ピアノも日々進化しています。
他の楽器に比べれば、選択の余地もあり恵まれている方だと思います。

電子ピアノで普段標準練習して、たまに生ピアノを借りて弾く程度が現実的だと思います。

 

【参考】アビテックス防音ブース重量とピアノの重量

ヤマハのサイトでは、アップライトピアノを入れるなら2畳からを推奨しています。
アビテックス2畳の重量

  • 2畳(35db)標準壁 418kg
  • 2畳(35db)高壁 460kg
  • 2畳(40db)標準壁 529kg
  • 2畳(40db)高壁 574kg

2.5畳でアップライトピアノを入れて余裕があるサイズです。
アビテックス2.5畳の重量

  • 2.5畳(35db)標準壁 486kg
  • 2.5畳(35db)高壁 534kg
  • 2.5畳(40db)標準壁 612kg
  • 2.5畳(40db)高壁 664kg

3畳でC3クラスのグランドピアノがピッタリ入るサイズです。
アビテックス3畳の重量

  • 3畳(35db)標準壁 544kg
  • 3畳(35db)高壁 596kg
  • 3畳(40db)標準壁 687kg
  • 3畳(40db)高壁 745kg

3.5畳でC7クラスのグランドピアノがピッタリ入るサイズです。
アビテックス3.5畳の重量

  • 3.5畳(35db)標準壁 612kg
  • 3.5畳(35db)高壁 669kg
  • 3.5畳(40db)標準壁 771kg
  • 3.5畳(40db)高壁 834kg

3.7畳でC3クラスのグランドピアノなら余裕があるサイズです。
アビテックス3.7畳の重量

  • 3.7畳(35db)標準壁 639kg
  • 3.7畳(35db)高壁 696kg
  • 3.7畳(40db)標準壁 797kg
  • 3.7畳(40db)高壁 860kg

ちなみに一般的なピアノの重量は以下になります。

  • アップライトピアノ 200~280kg
  • グランドピアノ(C1) 290kg
  • グランドピアノ(C2) 305kg
  • グランドピアノ(C3) 320kg
  • グランドピアノ(C5) 350kg
  • グランドピアノ(C6) 405kg
  • グランドピアノ(C7) 415kg
上記のように遮音性能が35dbか40dbかで重量がかなり違ってきます。
防音性能を高めるには重量が必要なのです。
防音室+ピアノ+人の重さで考えると、相当な重量になります。
※数値は最終的にはご自身で調べて確認してください。

ボーカル

部屋で歌うと近所迷惑になるので、近くにカラオケボックスがあれば一番安上がりです。

運びやすいポータブルキーボードがあれば、練習は十分出来そうです。

アビテックスなど防音ブースの場合は、1畳以下でもサイズ的には大丈夫だと思いますが、電子ピアノやキーボードを入れたければ内寸は注意した方が良いです。

遮音性能はそれほど気にしなくてもヤマハのDr35くらいでも外にはあまり聞こえません。

全く防音ブースの外に漏れないわけではありませんが、普通に部屋で生活しているレベルの騒音(話し声やテレビの音)よりはもっと小さくなると思います。
なので、最終的に隣の部屋や家の外にはほとんど聞こえなければ十分役目を果たしていることになります。

ギター(エレキベース含む)

エレキギター・エレキベースなら、ヘッドフォンに繋げば何の問題も無いと思います。

ジャズで使うセミアコやフルアコは生音で弾く程度なら、深夜以外なら問題ない程度だと思います。

フォークギターはかなり音量があるので、防音ブースを検討した方が良いかも知れませんが、深夜はエレキギターを弾くとかして工夫した方が安上がりで現実的だと思います。

やはりギターは身軽なところが魅力だと思うので、防音室設置となるとなかなか大変ですね。

サックス

サックスを部屋で吹くとなると、音量対策は必須です。

屋内で演奏すると、サックスはとても大きな音がします。
構造的にも消音ミュートは効きません。

防音ブース導入で考えると、サックスあたりが一番現実的にメリットが大きいと思います。

実は自分も数年間だけサックスを練習していた時期があります。
シェル型ハードケースのような物に楽器を入れて、手を入れて吹くミュートがあって買ったこともあります。

確かに音は小さくなりますが、非常に演奏しにくいのですぐに使うのを辞めてしまいました。

サイズは1畳以下でも問題ありませんし、高さも標準のアビテックスの壁の仕様で大丈夫でしょう。

遮音性能は、サックスは大きな音がしますがソプラノ・アルト程度ならDr35くらいでも十分遮音してくれると思います。

音は全く外に漏れないわけではないです。防音室の外でも吹いている内容など十分分かるくらいには聞こえますが、普通に部屋で生活しているレベルの騒音(話し声やテレビの音)よりはもっと小さくなると思います。
なので、最終的に隣の部屋や家の外にはほとんど聞こえなければ十分役目を果たしていることになります。

また、ピアノやコントラバスのように楽器が床に直接置かれるわけではないので、低音楽器の振動のような問題も気にしなくて済みます。

カラオケボックスの練習が嫌なら、アビテックスなどの防音ブースも検討して良いかと思います。

トランペット

こちらもサックスと同様です。

ただ構造的に練習用ミュートが効くので、どうしてもミュートを付けて練習するのに不満があるなら検討した方が良いかも知れません。

フルート

こちらもサックスと同様です。

サイズは小さくて良いのですが、横方向に長いので内寸に注意しましょう。

バイオリン(ビオラ含む)

バイオリン系も防音室を検討することが多いと思います。

楽器のサイズは小さいですが、弓を使う際に必要なスペースが思いの外必要になります。

特に立って弾くのであれば、ヤマハの標準の壁の高さでは無理だと思います。

遮音性能はDr35くらいで大丈夫だと思います。

音は全く外に漏れないわけではないです。防音室の外でも弾いている内容など十分分かるくらいには聞こえますが、普通に部屋で生活しているレベルの騒音(話し声やテレビの音)よりはもっと小さくなると思います。
なので、最終的に隣の部屋や家の外にはほとんど聞こえなければ十分役目を果たしていることになります。

サイレントバイオリンでは納得できないなら、検討の価値はあると思います。

チェロ

音量的にはバイオリンと同じくらい音量がありますが、大きな違いは楽器が床に接触している点です。
とは言え、ピアノやコントラバス程は響かないでしょう。

バイオリン同様に弓の取り回しでスペースがかなり必要なので、防音室の内寸に十分気を付けた方が良いでしょう。

コントラバス

自分はコントラバスで使用しています。

音量的には弓弾きの方が、ピチカートよりも大きく感じます。

生楽器全般に言えますが、楽器をしっかり鳴らすことが出来るプロや長く楽器をやっているアマチュアでだいたい100db程度出ていると思って良いと思います。

そういった「大きな音」は防音ブースを使用することで相当小さくすることが可能です。

ただ、コントラバスの場合は低音楽器でかつ、床に接しているので独特な響くような低音があります。低い周波数の音ほど遮音は難しいので、漏れている感じがあります。

またサイズも問題になります。
まず高さは、ヤマハアビテックスなら高壁仕様でないと、コントラバスは無理だと思います。

自分の場合は、ヤマハ アビテックス セフィーネ Dr-40 高壁の1.5畳です。

1.5畳あれば、弓弾きも問題なくできます。

DTMや音楽鑑賞用途

パソコンを使ったDTMの作業用や簡易自宅スタジオとしての用途などの需要も大きいと思います。

ステレオから再生した音に関しては、自分もYouTubeなどを大音量で再生しても防音室の外からだとあまり聞こえないので、十分な遮音効果はあると思います。

生楽器を演奏しないのであれば、かなり満足のいく防音性能があると思います。

ドラムなど打楽器

防音ブースとして有名なヤマハアビテックスなどは、ドラムには全く不向きだと思います。

コントラバスも同様ですが、直接振動には弱いです。
特に打楽器は叩くわけですから、床への強い振動が掛かるので不向きだと思います。

同じ防音ブースでも、他社のドラムに特化している事を謳っている防音ブースを検討したほうが良いと思いますが、遮音性能が高くなればなる程、重量が重くなるので注意が必要です。また、アビテックスのように中古がかなり流通しているわけではないので投資費用もかなり高額になると思います。

特にドラムセットを入れられるサイズとなると、それなりの大きさになるので重量と費用が相当掛かると思います。

楽器が趣味だとこんな問題が、、

楽器の演奏が趣味だと、どうしても楽器が増えてしまいがちですね。

楽器についてのウンチクも楽しいものなので、気分転換的に楽器を買い替えたり、タイプの違う楽器をサブ的に買ってみたり、、、

これも楽器が趣味の醍醐味です。

ちなみに自分はコントラバスですが、今の楽器が数えてみたら7本目でした。

結局弾くのは1本だったりするので、使わない楽器が増えてしまいがちです。

今の時代、ネットで簡単に楽器買取りを依頼できます。

楽器買取り奏屋

  • ピアノやドラムなど大きく1人では運び出せない 
  • 新しい機材や楽器を購入する資金が必要になった 
  • ちゃんとした専門知識のある人に買取査定してほしい 
  • そもそもこの楽器が買取可能かどうかを教えてほしい
  • 買取りは全国対応

ピアノなど大きな楽器も買取り可能。
電子ピアノやシンセサイザーなどは買取りしていません。

詳しくは下記サイトご確認ください。

楽器高価買取の【奏屋】

楽器買取りアローズ

  • 商品の買取価格公開中!
  • 買取専門スタッフによる厳密査定!
  • 送料・手数料・査定料・梱包材がすべて無料
  • カンタン便利な梱包キットを無料でプレゼント
  • ご自宅まで集荷に伺います♪らくらく宅配買取!
  • 当日集荷、スピード対応!
  • スピード査定・即日入金をお約束!
  • キャンセル可能!

こちらは宅急便で送れるサイズの楽器が買取り対象です。
和楽器が買取りしていません。

詳しくは下記サイトご確認ください。

【楽器買取アローズ】

そもそも楽器処分しないと防音室が置けない!方は検討してみてください。
防音室購入資金にもなります。

20年以上前に防音ブースを買った

2000年より前に初めて防音ブースを買ったことがあります。

もう名前もメーカーも覚えていませんが、まだネットは無かった頃でした。
多分音楽雑誌に広告を出していて、それを見て問い合わせたのだと思います。

ヤマハやカワイなどの大手ではなく、もっと遮音性能が低くて、価格の安いものでした。

自分はジャズでコントラバスを弾いているので、その頃は弓弾きが出来なくても仕方ないかなと思って、価格重視で正方形の1畳相当サイズのものを買いました。

遮音性能は覚えていませんが、Dr-25か30くらいのものでした。

少し厚めのコンパネで小屋を作ったような感じの、自分でも組み立てが出来るような簡易的なものでした。

価格は確か50万円くらいだったと思います。

エアコンはもちろんなく、入って10分くらいでかなり暑くて辛くなります。

遮音性能も低い上に、コントラバスなのであまり効果があったとは思えません。

ブース内は、卵のパックみたいに凸凹している黒い吸音用のスポンジが全面に貼られていました。
これが吸音しすぎて、入るとすごく不快な感じになり辛かったです。

吸音は、内部の音の反射を抑えているものなので、遮音とは全く関係がありません。

良くDIYで防音工事を簡単にやろうとする人が居ますが、吸音材をたくさん貼っても防音(遮音)にはならないので混同しないようにした方が良いです。
防音材というのは基本的にとても重量があります。

この防音ブースは、5年くらい使って知り合いに売ってしまいました。

部屋でミュートしてコントラバスを弾く

しばらくは防音室のない生活

その後は、防音室ではなく楽器をミュートして弾くことを重視して、自宅で練習していました。

ジャズ以外にも、クラシックの先生に習って弓で弾くことも多くなり、一時期は区のアマオケにも入っていました。

慣れないクラシックの交響曲は、仕事から帰ってきても相当練習が必要でした。

楽器のミュートを重視

コントラバスの場合は、プラクティスミュート(練習用の音を小さくするためのミュート)があるのですが、それだけではまだまだ相当音が大きいので、自分で駒の上に鉛の重たい延棒を置いて消音していました。

サンダム S65

その頃は高層マンションに住んでいたので、階下に響かないように防音用の住宅建材を買ってきて敷いていました。

サンダムという建材で、本来は床の施工に使う防振マットです。

そのサンダムの中でも、もっとも強力なS65という一般向けではない特殊な防振マットを購入しました。

サンダムS65は、910✕455ミリの寸法で厚みが6.5ミリなのですが、重量がなんと10キロくらいあります。
これが4枚で1セット、つまり1畳分になりますが、40キロの重さです。価格はたしか8千円台くらいでした。特殊なものなので送料が結構高かったかもしれません。

ふと思い出したので、今調べてみましたがこの、サンダムS-65はもう廃盤になっているので購入は出来ないようです。

現在はサンダムE-45という下位機種が今でも手に入ります。
これだと2畳分で重量が22キロくらいなので、サンダムS-65の1/4くらいの重量ですが二重に重ねたりすれば相当効果はありそうな気がします。

サンダムE-45

サンダムS-65を敷いてさらにパンチカーペット敷いて、その上で練習していましたが、苦情もなくなかなか快適でした。

ただし、楽器の良し悪しなど分からないくらい楽器側もミュートで消音しているので、弾いていてもかろうじて音程が分かる程度の音なので楽しいものではなかったです。

練習用に譜面をさらうだけの目的といった感じでした。

2012年に中古アビテックスを買う

中古で防音室が売られていることを知る

ある時、ネットで防音ブースが中古で売られているのを見かけました。

今までにもヤフオクなどで見かけることはありましたが、分解・搬出・運搬・搬入・組立が必要な防音室を個人売買で買おうという気にはなりませんでした。

自分が見つけたのは、ピアノプラザというピアノ屋で、防音室販売にも力を入れているようです。

新品以外にも中古品の防音室が多数販売されています。

商品の大半はヤマハアビテックスで、販売価格に標準的な運搬や組立の費用も含まれています。

結構回転が良いみたいで、入荷するとすぐに売れているようでした。

何と言っても、中古なので価格が安い!

年式や程度にも依りますが、定価の1/2から1/3程度。しかも運搬組立費用込み。

前回購入した防音ブースは少し後悔していたのですが、次第に「アビテックスみたいなちゃんとした防音ブース」が欲しくなってきました。

ヤマハショールームでサイズ確認をする

1畳ではコントラバスで弓弾きは無理なのは、経験上分かっています。

そうなると1.2畳や1.5畳あたりが狙い目になりますが、実際に使ってみないと何とも言えません。

ピアノプラザのショールームはあまりにも遠いので、ヤマハのアビテックスのショールームに楽器持参で訪れました。

実際に入って弾いてみると、1.2畳でも弾けないことはないですがかなりギリギリです。

自分は弓はフレンチボウで一般的なジャーマンボウよりも短めですが、ジャーマンボウだと厳しいかも知れません。

1.5畳に入ると、たった0.3畳違うだけでかなり違います。
特に問題なく弓も弾けました。

次に高さの問題です。

アビテックスの標準壁はモデルによって違いはあるようですが、内寸で高さが196センチ程度です。

身長170センチの自分が普段演奏するようにエンドピンを伸ばして楽器を構えると、およそ195センチ程度になります。

コントラバスは、バイオリンなどと違って楽器の大きさがまちまちなので楽器によっても、この高さは変わってくると思います。

とにかく全く余裕がないので、標準壁は無理だと思いました。

自分が買った高壁仕様のモデルは、内寸で215センチくらいあるので20センチ余裕があるので問題ありません。

ヤマハ アビテックスなら、1.5畳以上で高壁仕様が必要というのがわかりました。

そして試奏して一番印象に感じたのが、ブース内の音響の自然さ。

以前買った防音ブースは、内部に全面吸音スポンジが貼られていて、残響が無い空間でとても入っていると苦痛な環境でした。

しかし、流石は世界のヤマハ!とても自然な残響で、中に居てもとても快適でした。

必ず実際にショールームで試奏して、最適なサイズを確認することをお勧めします

ついに出物が!購入費用は?

これで購入対象が絞れたので、日々ピアノプラザの中古防音室の在庫ページを見る毎日が続きましたw

そしてしばらくして遂に出物が現れました!

ヤマハアビテックス セフィーネ
Dr-40
1.5畳 高壁仕様
2006年製
価格約57万円(税込み)
標準的な組立・運搬費込

おお!しかもDR40!
思っていたよりもかなり安い!
年式は6年落ち(当時)

ドアに少し傷があったので割安な価格ということでした!
傷なんて全く気にしないので、安いに越したことはありません!

速攻、電話連絡して確保。

いつでも連絡できるように、設置場所の天井までの高さは既に調べておいたので、設置可能かも確認しました。

ついに納品!搬入・設置

電話でやり取りをして、当時のウチはエレベーターで上げて搬入するだけだったので、標準的な範囲内だったので追加料金もなく済みました。

そして納品日。

養生をして2人掛かりで搬入が始まりました。

設置位置を念入りに確認して、床を設置。

アビテックス防音室組み立て

(C)ネコと衣食住

続いて奥の壁を立てていきます。

アビテックス組み立て

(C)ネコと衣食住

立て掛けてあった壁ユニットをそっと持ち上げてみましたが、男性なら持てる程度の重さですが、かなりの重量がありました。

床の溝にはめ込むように壁を立てて連結していきます。

中古アビテックス搬入

(C)ネコと衣食住

その後は天井を置いて、最後は防音ドアの取り付けをして、カーペットを敷いたら完成。

防音ブース組み立て

(C)ネコと衣食住

大体1時間ちょっとくらいで終わりました。

以前買った安い防音室とは比較にならない「ちゃんとした感」があります。

奥行きが小さいメタルラックを購入して、76鍵のキーボードやパソコンなども入れました。

ラックを設置しても、バス椅子に座って弓弾きができます。

アビテックスでコントラバス

(C)ネコと衣食住

せっかくなので、前に買った防振マットのサンダムS65をアビテックスに敷いてから、要らないウッドカーペットをサイズに合うようにカットして敷いておきました。

これで階下への影響は更に万全になりました。

エアコンを取り付ける

しばらく大満足な気分で使っていましたが、やはり夏は暑い!

このくらいのサイズなら安いエアコンを取り付けようと思いました。

近所のヨドバシカメラに行って一番安いエアコンを物色。

取り付け場所が特殊なので、説明すると嫌がられましたが、何とか無料の標準工事費で収めてもらいました。

どうしても1.5畳で6畳向けくらいのエアコンを使うので、効きすぎ気味ですがとても快適!

一度入ると防音室から出たくなくなります!

アビテックスエアコン取り付け

(C)ネコと衣食住

中古防音室アビテックス

(C)ネコと衣食住

最後まで読んでいただきありがとうございます!
続きもアップしますのでお楽しみに!

コメント